会いたい人に会いに行く

この数年、会いたいと思っていたのにあの世へ還られた方々がいます。今までそんなこと一度もなかったのに歳のせいでしょうか。

フラワーエッセンスを教えていたホワード七歩子さんは2014年にご逝去されました。彼女の本を読んで、この方にフラワーエッセンスを学びたい!と思った人でした。立川のカルチャーセンターで講座を開いていると知り、近いし行こうか迷っていてやめてしまったことがありました。今思うと、なんでいかなかったのだろう、一度でもお会いしたかったと悔いが残ります。

もう一人、アラスカンエッセンスの作り手(プロデューサーといいます)であるスティーブ・ジョンソン氏。2017年にご逝去されました。私がアラスカンエッセンスの魅力にひかれたのは亡くなった後だけれど、でも本当にスティーブさんからご本人からアラスカンエッセンスを学びたかったです。エッセンスの通り、真面目で素敵な方のようでした。

もうひとかた。ヤングリヴィング社のゲリー・ヤング氏。今月亡くなられたそうです。アメリカのエッセンシャルオイル(アロマ)の大手企業の創業者。はじめてヤングリヴィングのアロマをかいだときの感動は今でも心に残っています。ヤングのアロマは「輝きがある」と思っています。香りがほんとーによいのです。それまでアロマは興味がなかったのですが、ヤングのアロマに出会って香りの楽しみができました。パワフルで愛にあふれた方のようでした。

ゲリーさんは68歳。スティーブさんは64歳。七歩子さんは40代。みなさんお若いのにと残念でなりません。いつでも会えるなんて思っていてはダメですね。チャンスがあるときが会えるとき。

フラワーエッセンス関連ですと、オーストラリアンブッシュフラワーのイアン・ホワイト氏、パシフィックエッセンス社のサビーナ・ペティットさんには今年会いに行きたいと思っています!

会いたいひとには会いに行こう。悔いが残らないように。そう心に思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京都生まれ。母と子のフラワーエッセンスソムリエ。英国ヒーリングハーブス社アドバンストコース修了。国際基督教大学教養学部アーツサイエンス学科言語教育専攻卒業。第一種中高英語科教員免許取得。二児の母。