保育園とパイン

ここ最近はちょっと肌寒い日が続きますね。でも今日もいいお天気。上の子は今日は遠足でした。寝る前に色々した話をしてくれました。寝る前にする話は本音がでる瞬間でいい時間なのです。

先週、意外なことに(?)次男の保育園内定が出てちょっと動揺していました。夏くらいに入れるかな、だめでもしょうがないかくらいに思っていたので、あまりの展開の速さについていけず慌てていました。

まだ一歳になったばかり、ほんとにかわいいのでこれでいいのか、後悔しないか、などなど・・

でも申し込むときによく考えてだした結論だし、預ける時間も曜日も少なめだし(行ってる時間の半分は昼寝してるし)、大丈夫と頭ではわかっているのですが気持ちに暗雲がたちこめていました。

そのときに気づいたのはこの気持ちは罪悪感だということ。

自分の仕事をしてはいけない、わくわくしてはいけない、自分のために時間を使ってはいけない、などなど・・

あ~この状態がパイン(ヨーロッパアカマツ)ね!という感じでした。

パインのレメディは罪悪感を感じている人のためのものです。

これを飲み始めて一週間くらいたったでしょうか。今は次男が出会う新しい先生やお友達(女の子が多いそうなので男子としては嬉しい?!)と楽しめるといいなと前向きに思えるようになっていました。私自身も自分の仕事のあれやこれやの夢を描けるようになりました。その変化は自分でも気が付かないくらい自然なものでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京都生まれ。母と子のフラワーエッセンスソムリエ。英国ヒーリングハーブス社アドバンストコース修了。国際基督教大学教養学部アーツサイエンス学科言語教育専攻卒業。第一種中高英語科教員免許取得。二児の母。