フラワーエッセンスとは

フラワーエッセンスとは?

フラワーエッセンスは水に花などのエネルギーを転写し、その美しいエネルギーを体内に取り込むことで人間の感情のバランスをとるものです。

フラワーエッセンスの開発は80年ほど前に英国の医師エドワード・バッチ博士によりました。バッチの植物の種類は38種で、38種類の感情に対応しています。そのほとんどが野辺に咲く素朴な花々や木々でした。

それらの花々のなかに驚くほど強く優しい力が備わっていること。その恩恵を私たちが手軽に受けることができること。花々のエッセンスによって健康になり、感情的に癒され、人として成長できるのは驚き、そして喜びです。

バッチ博士はフラワーエッセンスの働きについて次のように述べています。

このレメディは、病気を攻撃するのではなく、体を魂の美しい波動でみなぎらせることによって       治癒をもたらします。そして病気は陽光に照らされた雪のように溶けてなくなるのです。

病気やバランスを欠いた感情にフォーカスしてそれを攻撃対象とするのではなく、その感情と反対の美徳で体を満たすことで癒される。不調和は陽光に照らされた雪のように、いつの間にか消えてなくなる、それがフラワーエッセンスの効果といえます

フラワーエッセンスは基本的には飲むものですが、飲用以外にもさまざまに使用できます。その他の使い方は、お風呂に入れる・スプレーを作る・クリームに混ぜるなどです。その場合はアロマオイルと一緒に使うのもいいですね。

 

こんな方に向いています

✓つい子供にイライラしてしまう

✓心身ともに疲れている

✓自分のやり方を押し通したくなる

✓断乳や保育園・幼稚園入園期の変化のときに母と子のストレスを和らげたい

✓ぐっすり眠りたい

✓子供や家族のことが心配になってしまう

✓不安から解放されたい

✓周りに影響されない自分になりたい

✓疲れず元気でいたい などなど・・

野の花堂では基本のバッチフラワーエッセンスのヒーリングハーブス社の他に、アラスカンエッセンス社のエッセンスも使用しております。お客さまお一人お一人に合わせてご提案しています。

アラスカンエッセンスで使用される植物は厳しい自然環境の中、じっとエネルギーを蓄え短い間に強力な太陽をいっぱいに受けています。たくましく一斉に開花するアラスカの花々はとても純粋でパワフル。意識の変化をサポートするフラワーエッセンスのほか、肉体レベルに近いところに作用するジェム(鉱物)のエッセンス、氷河やオーロラなど、とても高いエネルギーが発生している場所や環境そのものから作られ、浄化や変容を促してくれるエンバイロメンタル(環境)のエッセンスなどが作られており、私たちの人生の旅を強力サポートしてくれるものです。

植物界からの自然の恵みをお伝えし、楽に穏やかに日々を楽しんでいけるお手伝いができたらと思っています。